記者会見で五戸高校の存続断念を発表する三浦町長=22日午後3時5分、五戸町役場

 五戸高校の設置主体を県立から変更して存続させることを断念した青森県五戸町の三浦正名町長は22日午後、町役場で記者会見し、町立化した場合、10年間で約27億円の資金が必要と説明し、「今の町財政では不可能」と理由を述べた。町長は23日、県庁を訪れ、三村申吾知事と県教委の中村充教育長に判断結果を正式に伝える。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)