一面銀世界となり、街路樹の枝には湿った雪が張り付いた=22日午後4時半ごろ、八戸市北白山台

 発達した低気圧が三陸沖を北上している影響で、22日の青森県内は三八上北地方を中心に湿った雪が降った。同日午後まで雪がなかった地点で再び積雪を観測。同日午後9時現在、十和田市で10センチ、野辺地町7センチ、三戸町8センチ、むつ市3センチなど。青森地方気象台は同日、県気象情報を発表し、三八上北に波浪警報を出したほか、県内各地で大雪に注意するよう呼び掛けている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)