弘前市が関係市町村とともに支援策を協議している弘南鉄道弘南線=10日午後4時すぎ、弘前市の弘前東高前駅

 2018年度の路線収支で赤字が大幅に拡大した弘南鉄道弘南線(弘前-黒石)について、青森県弘前市は10日、他の沿線市町村とともに運行維持のための支援策を検討していることを明らかにした。来年度の予算措置を念頭に、できるだけ早く協議をまとめる方針。同市はこれまで、弘南鉄道大鰐線(大鰐-中央弘前)の存続に向けた支援策を探ってきたが、さらに難しい課題を抱える形となった。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。