出発式で記念写真に納まる県内高校の校長や教育関係者ら

 青森県と台湾の高校生の相互交流を進めようと、県内の高校13校の校長や関係者、県教育委員会の担当者が10日、青森空港から現地視察に出発した。来年度以降の交流事業の実施や学校単位の連携協定締結などを視野に、現地の教育関係者らと話し合う。14日に帰国する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から