5万食目となり感謝状を受けた後、メバル膳を味わう川村さん(左)と小野さん親子
新たに導入した急速冷凍機でメバルの半身を冷凍した濱舘町長(手前)

 青森県中泊町の新・ご当地グルメ「メバルの刺身と煮付け膳(メバル膳)」が22日、デビューから2年8カ月余りで5万食を突破した。町では新たに冷凍設備を導入、食材となるウスメバルを安定的に供給し、年間を通してメバル膳を提供できるように努める。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)