東北農政局青森県拠点は10日、2019年産米の青森県の作況指数(平年=100)を106、作柄を「良」で確定したと発表した。10アール当たり収量(ふるい目幅1.7ミリベース)は627キロで、山形県と並び、4年ぶりに全国トップとなった。統計が残る1953年産以降では過去最高。本年産は天候に恵まれたため生育が良好だった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)