カタカナ語の言い換え表現をまとめた社会言語学研究室の学生たち

 弘前大学(青森県弘前市)の人文社会科学部社会言語学研究室(佐藤和之教授)は、外国人が理解しづらいとされるカタカナ語などを「やさしい日本語」に言い換える場合の表現をまとめた用語辞典を作成した。災害発生時、外国人に正しい情報を素早く伝達することが目的。東日本大震災発生から7年目となる11日から同研究室のホームページ(HP)で公開している。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)