懸命に走り回りタグラグビーの楽しさを体感する子どもたち

 青森県新郷村教委は1日、同村都市農村交流センター「美郷館」でラグビー教室を開催した。村内の小中学生26人が参加。八戸学院大ラグビー部の選手から指導を受け、タックルの代わりに腰へ付けたタグを取って相手の前進を止める「タグラグビー」などを楽しんだ。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。