薬研や脇野沢の自然について調べた成果を発表する大畑小の児童
各学校が学習の成果をまとめた壁新聞などの掲示コーナーも設けられた

 下北ジオパーク推進協議会は7日、青森県大間町の北通り総合文化センターウイングで、下北ジオパーク学習・活動発表会を開いた。下北各地の学校や民間団体がそれぞれ、1年間取り組んだ学習内容や、活動を通じて考えたことなどの成果を約300人の観客の前で披露した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。