開会式で選手を代表し力強く宣誓する八戸二中の木村主将

 第70回青森県中学校体育大会冬季スケート・アイスホッケー競技大会は9日、八戸市のテクノルアイスパーク八戸でアイスホッケー競技が開幕した。今年は、八戸合同、北稜、三沢合同、湊、八戸二の5チームが出場。12日までの4日間、上位2チームに与えられる東北大会の出場権を懸け、トーナメントを争う。開会式で、前年度優勝の八戸二・木村詠二主将が優勝旗を返還。「これまで支えてくれた方々への感謝の気持ちをプレーで表現して、最後まで全力で戦い抜く」と力強く誓った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)