小川原湖の状況確認に向かう小川原湖漁協や東北町などの関係者ら=20日午前8時52分、東北町
会見する濱田組合長(中)、蛯名鉱治町長(右から2人目)、東北防衛局の北川企画部長(右から4人目)ら=20日午後、東北町役場

 米軍三沢基地所属のF16戦闘機が燃料タンク2個を青森県東北町の小川原湖に投棄した事故で、湖の水質や水産物を調査していた防衛省東北防衛局(仙台市)は事故から1カ月の20日、町役場で湖の水産物の安全宣言を行った。全面禁漁していた小川原湖漁協(東北町)は水産物の安全性が確認されたとして、22日に漁を再開すると決めた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)