日米貿易協定への見解などを述べる三村知事

 三村申吾知事は9日の定例会見で、来年1月の発効が決まった日米貿易協定について、「内容や国内への影響など、当初から求めてきた国民への詳細な説明や情報提供がいまだにない」と不満を示した。その上で「国内対策の情報を収集し、国に万全の対策を求めていく」と述べた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)