日本原燃が中断している青森県六ケ所再処理工場の安全審査に関し、4月にも原子力規制委員会に再開を申し入れる方針であることが19日、原子力規制庁などへの取材で分かった。原燃は再処理工場への雨水流入など安全管理上のトラブルが相次いだ問題を受け、改善活動を優先するため昨年10月に審査中断を表明し、同工場にある設備を総点検してきた。一連の改善活動が規制委から妥当だと認められれば半年ぶりの審査再開となる。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)