電源開発が青森県大間町で建設中の大間原発を巡り、函館市の市民団体が同社や国に建設差し止めなどを求めた訴訟の判決で、函館地裁は19日、建設差し止めの請求を棄却した。(共同)

 函館地裁判決は「原子力規制委員会による新規制基準への適合性審査中であり、危険性を直ちに認めることは困難だ」と指摘した。