学位記授与式を終え、柏谷教授(右)、藤教授(左)と談笑するソナムギャルモさん=16日、青森市の青森大学

 青森市の青森大学で16日行われた学位記授与式(卒業式)に、1人の亡命チベット人の姿があった。社会学部4年のソナムギャルモさん(35)。同大で在日チベット人の人権について学びながら、チベット伝統の歌を青森県や都内で披露し、中国の支配下にある故郷の苦しみを伝えてきた。「歌う機会をもらえている私には、故郷の思いを伝える責任がある」。ソナムギャルモさんは故郷の実情を日本に広める決意を新たに、2年間過ごした青森県を離れる。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)