悩みを抱える子どもの支援について、NPO代表の門馬さん(左)と話し合う石岡さん=2017年12月、石巻市のNPO法人「TEDIC」

 青森県鯵ケ沢町出身の石岡里緒菜さん(23)は、東日本大震災の被災地、宮城県石巻市のフリースクール「ほっとスペース」で2年間管理者を務め、この4月から同県の中学校教員になる。スクールでは貧困、不登校、いじめなどさまざまな問題を抱える子どもと触れ合う中で、子どもと同じ目線で接する大切さを学んだ。「子どもの未来を見据えながらずっと寄り添っていきたい」。目指すのは、全ての子どもが安心して暮らせる地域づくりだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)