会場には世界最大の大きさを誇るテイオウムカシヤンマの模型も展示されている

 精巧に再現したトンボの模型約60点が並ぶ「トンボの美創作展」が17日、青森県八戸市の八戸ポータルミュージアム「はっち」で始まった。製作した同市のトンボ研究家・田中昇さん(75)は「多くの人にトンボの魅力を知ってほしい」と話している。18日まで。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)