アイスホッケーの全日本選手権第2日は7日、東京・DyDoアリーナで準決勝が行われ、フリーブレイズは王子に、アイスバックスはクレインズに、ともに4-3で競り勝って8日の決勝に進んだ。2大会ぶりの優勝を狙うフリーブレイズは第3ピリオド残り30秒で人里が決めて3-3と追いつき、延長でセイントピアが決勝ゴール。先手を取ったアイスバックスは第3ピリオドの中盤にアランネの得点で勝ち越した。(共同)

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)