スマートフォンを通じた生中継でツアーをPRする海峡ロデオ大畑の佐藤会長(右)と濱田副会長=2月下旬、むつ市大畑町
ツアーに向け、メンバーがモニター漁などで準備を進めた=2017年11月(海峡ロデオ大畑提供)

 青森県むつ市大畑町の漁師たちが中心となり2月、漁業を通じた地域活動を行う有志団体「海峡ロデオ大畑」を設立した。第1弾イベントとして4月7〜8日、1泊2日の定置網漁体験ツアーを開く。「わいど(私たち)の手で、漁師の楽しさを次の世代に伝えたい」。漁業の後継者育成、魚の販売促進など、地元の基幹産業に押し寄せる荒波に、漁船を操り立ち向かおうとしている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)