「安全性が確認されれば一日も早く漁を解禁したい」と話す濱田組合長

 米軍三沢基地所属のF16戦闘機が燃料タンク2個を青森県東北町の小川原湖に投棄した事故で、国が湖の魚介の安全宣言を、早ければ事故から1カ月後の20日にも出す方向で調整していることが16日、分かった。安全宣言が出ても漁業者や仲買業者は仕事の準備が必要なため、小川原湖漁協(東北町)はシジミ漁の再開を宣言の数日後に行う見込み。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)