グループ内で話し合った政策などについて発表する参加者たち

 政治や選挙に対して若者の意識を高めてもらう「ヤングフォーラム」が7日、青森県弘前市の弘前大学で開かれた。市内の高校2校と大学3校の計45人が、政策立案や模擬投票を体験するワークショップなどを通じ、政治や選挙について理解を深めた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)