縄文遺跡群の価値や世界遺産登録後の課題について講演する菊池氏

 「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界遺産登録推進専門家委員会・菊池徹夫委員長(早大名誉教授)が7日、青森市内で講演し、世界遺産登録後を見据え、「これから肝心なのは人。遺跡を守っていく、頑張っていく、という地元住民の理解、意思、自覚、誇りが大切になってくる」と強調した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)