東北電力が再稼働を目指す東通原発1号機(青森県東通村)について、原子力規制委員会は6日、新規制基準適合性にかかわる安全審査を原子力規制庁で開いた。東北電力は、同原発の敷地周辺で行った地質の補足調査について年内に説明するとし、このため、規制委の本格的な審査は年明けに行われる方向となった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)