八戸工業大学の学生が階上町の景色などを撮影した写真作品が並ぶ展示会場=道の駅はしかみ

 八戸工業大学創生デザイン学科の学生たちが、青森県階上町を巡って見聞きした地域文化などを基に制作した作品を展示するプロジェクト「つくるはしかみ」が、同町を主会場に開かれている。町の自然や生活を切り取った写真やイラストなどが来場者の目を楽しませている。8日まで。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)