「乾杯!」と一斉にグラスを合わせる乗客たち=6日午後6時36分、平川市

 弘南鉄道(本社青森県平川市)は6日夜、弘南線(弘前-黒石間)で毎年恒例の「忘年列車」の運行を始めた。乗客70人が心地よく揺れる車内で、仲間たちと年の瀬の酒宴を満喫した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。