弘前市内の業者により津軽塗製品の販売が再開される方向となっている田中屋跡

 2017年8月に閉店した青森県弘前市の津軽塗製造販売「田中屋」の店舗跡を活用し、同市の別の事業者が、新たに津軽塗製品の販売店を開設する方向で準備していることが6日、複数の関係者の話で分かった。事業者側は早ければ年明け以降に詳細を発表する方針。白壁と黒塗りの柱が特徴的で、弘前市中心街の土手町と弘前公園とを結ぶ一番町の坂の上にある旧店舗は、城下町のシンボル的存在で、閉店後の活用策が注目されていた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。