「11ぴきのねこ」の一コマ。原作に忠実に、楽しい絵本が生き生きと再現されている
菊池部会長が初めて手掛けた「しろくまちゃんのほっとけーき」。質感の表現には苦労したという
うららマルシェに展示された「さわる絵本」を熱心に見る来場者

 青森市民図書館のボランティア団体「ライブラリーフレンズ」が手掛ける布製の「さわる絵本」(布絵本)が本年度制作分で節目の30冊を数えた。いずれも、多くの人々に長年愛されてきた著名な作品を可能な範囲で図柄、色などをそのまま再現した。活動開始から15年目。制作メンバーは「視覚障害のある児童らが読書に親しんでいくための窓口の一つとなれば」と話す。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)