【予選リーグ】オリオン機械に勝利した藤澤(奥)・山口ペア=青森市のみちぎんドリームスタジアム

 カーリングの第11回日本混合ダブルス選手権は14日、青森市のみちぎんドリームスタジアムで開幕した。同種目は平昌から冬季五輪に採用され、男女ペアで8エンドを戦う。初日は予選のグループリーグ12試合を行い、平昌で女子銅メダルのLS北見、男子として20年ぶりに出場したSC軽井沢クラブの選手で構成する五輪ペア3組全てが出場し、1ペアが初戦を落とした。青森県勢の船木有沙(30)=青森銀行=と工藤和也(39)=鹿内組=のペアは、北見のスキップ藤澤五月(26)、軽井沢のセカンド山口剛史(33)=青森大出=ペアに1−14で敗れた。2日目の15日は予選20試合を行う。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)