県文化振興会議の2017年度後期通常総会が14日、青森市の県立図書館4階集会室で開かれ、役員改選で新理事長に元参院議員の山崎力氏(70)を選任した。2012年度から理事長を3期6年務めた鈴木廣氏(84)が退任したほか、副理事長2人と理事5人が入れ替わるなど体制を一新。会員数の減少や、主催する県美術展覧会(県展)の出品数低迷など山積する課題に新たな顔ぶれで向き合う。任期は2年。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)