青森県勢選手から渡されたリンゴを頬張る藤澤選手(右)ら
オリンピック選手らのプレーを見つめる満員の観客=14日午後、青森市のみちぎんドリームスタジアム

 青森市で14日開幕したカーリングの日本混合ダブルス選手権は、初日から大勢の観衆と報道陣が会場のみちぎんドリームスタジアムを埋めた。メダリストの勇姿やおやつを頬張る「もぐもぐタイム」に加え、話題になった相づち「そだねー」を耳にして喜ぶファンも。青森県の競技関係者は、チーム青森が日本を沸かせた2006年トリノ五輪以来の盛り上がりと言い、「予選から満席は初めて」「認知度がトリノよりも一段上がった」と喜んだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)