毎日のように佐井漁港に姿を現すシロカモメ(中央手前)=12日(木部司さん提供)

 真っ白な海鳥1羽が青森県佐井漁港に度々、姿を現している。佐井村漁協の木部司さん(47)は1週間ほど前、この海鳥を初めて見かけた。漁協3階の窓から佐井漁港に目をやると、うっすら降り積もった雪の上を歩いていた。「そのゴンベ(海鳥)は雪と一緒で真っ白で、思わずシャッターを切った」と話す。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)