訳ありリンゴを使い、工夫を凝らした料理を作る高校生
高校生が考案した定食と単品料理。22日に平川市碇ケ関の道の駅いかりがせきで販売する

 青森県平川市の高校生が、つるがなかったり、小さな割れがあったりする「訳ありリンゴ」を中華料理やハンバーガーなどに活用したメニューを考案した。完成した定食と単品料理5品は、定番メニュー化を視野に22日、同市碇ケ関の道の駅いかりがせきで試験的に販売する。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。