最勝院(弘前市銅屋町)の五智如来像=須藤名誉教授提供
西福寺(弘前市新寺町)が所蔵する円空作地蔵菩薩立像=須藤名誉教授提供

 弘前大学の須藤弘敏名誉教授(同大人文社会科学部客員研究員)は、青森県内の寺院約400カ所の仏像五千数百体を25年ほどかけて調査・記録してきた。7日に弘前市で開かれる講演で、その研究の集大成を披露する。「仏像は、何百年にもわたって檀家(だんか)たちによって守られてきた地域の共有の財産。自分の街にこんなにきれいで立派な仏像があるんだということを知ってほしい」。須藤名誉教授によると、全県を網羅する仏像の記録があるのは全国でも珍しいという。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)