青森県五所川原市が、市役所本庁舎と金木・市浦の両総合支所を結ぶ無料の行政連絡バスを2019年度末で廃止する方向で調整していることが5日、分かった。利用者の減少や、運行区間が路線バスと重複していることが理由。廃止後は利用者の交通費の負担増を軽減するため、市が代替措置として路線バスの運賃を助成する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から