弘前公園の桜の歴史を紹介する小林さん
弘前公園で咲く桜を紹介する写真展

 今年で観桜会100周年を迎える弘前公園の桜の歴史を振り返る講演会が11日、青森県弘前市の市民文化交流館ホール(ヒロロ内)で開かれた。市公園緑地課参事で桜守の小林勝さん(64)が、明治期に荒れた弘前城内の活用策として行われた桜の植栽などを紹介した。ヒロロ3階では18日まで、園内で咲く桜40種類の写真も展示されている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)