地震発生時刻と同じ午後2時46分のサイレンに合わせ、黙とうをささげる参列者

 東日本大震災で津波により2人の犠牲者が出た青森県三沢市では11日、2人の菩提(ぼだい)寺でもある浜三沢地区の玉泉寺で、慰霊と復興祈願の法要が営まれた。参列した遺族や知人、漁協関係者ら約80人が地震発生と同時刻の午後2時46分、防災行政無線のサイレンに合わせて黙とうをささげた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)