足腰の弱い要避難援護者をリヤカーに乗せて避難させる訓練を行う住民ら=11日午前10時17分、八戸市白銀町
海に向かって黙とうする館鼻岸壁朝市の出店関係者=11日午後2時47分、同市の館鼻岸壁

 東日本大震災の津波で被災した青森県八戸市の沿岸部などで11日、津波を想定した避難訓練や防災講演会が行われた。住民らが改めて津波の恐ろしさを胸に刻み、命を守るための訓練に取り組んだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)