青森市の小野寺晃彦市長は、4日の市議会一般質問で、駅前再開発ビル「アウガ」の地権者に市が支払っている賃借料の算定根拠をめぐり、藤原浩平市議(日本共産党)と激しい応酬を繰り広げた。鹿内博前市長を支援した共産党市議の質問に対し、小野寺市長が直接答弁するのはめったにない“珍事”。小野寺市長は「市政与党として賃借料の無償化を実現できなかった責任を取るべき」と批判したのに対し、藤原市議は「共産党市議は鹿内市政で与党になったことはない。是々非々の立場で臨んできた」と応じた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。