漁船に乗り込み“漁師修行”する榊さん。いわき市では青森県出身であることから「りんご」のあだ名で呼ばれている=2017年6月(本人提供)
これまで手掛けた事業での制作物を手にする榊さん=5日

 「漁師の仕事はこんなにかっこいいんだと知ってほしい」。東京電力福島第1原発事故の影響が続く福島県いわき市久之浜地区の漁業を盛り上げようと、青森県八戸市出身の榊裕美さん(26)が奮闘している。東日本大震災後の支援活動をきっかけに、港町の地域活性化に携わりたいという思いを新たにし、いわき市に移住。2017年5月から現地のNPO法人で働く。「久之浜のファンを増やしたい。ゆくゆくは八戸を含め、ハマの魅力を伝えられる人に」と夢を語る。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)