スキーの宮様国際大会第1日は9日、札幌市の宮の森ジャンプ競技場などで行われ、ジャンプのノーマルヒル(ヒルサイズ=HS100メートル)で成年男子は内藤智文(古河市協会)が合計247.5点で優勝した。少年男子は岩佐勇研(北海道・札幌日大高)が220.5点、女子は丸山希(明大)が222.0点で勝った。距離のクラシカル成年男子(10キロ)は蛯名貴徳(野辺地高出、自衛隊)が27分34秒8で制し、少年男子(10キロ)は山下陽暉、女子(5キロ)は滝沢こずえ(ともに早大)が優勝した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)