東北女子短大生活科の2年生が考案したイチゴのスイーツをお披露目する常田さん(左)と岩谷さん

 青森県田舎館村産農産物の高付加価値化を目指す「田んぼアートの里ブランド化推進協議会」(会長・鈴木孝雄村長)から、地元産のイチゴを使ったスイーツのレシピ作りを委託されていた東北女子短期大学生活科の学生らが7日、村内で、完成したレシピと試作品をお披露目した。関係者がパウンドケーキやレアチーズケーキなど6品を試食し、商品化の可能性を探った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)