地域おこし協力隊員が率直な意見を述べたトークセッション

 県と弘前大学生涯学習教育研究センターは8日、2017年度で任期を満了する青森県の地域おこし協力隊員の活動報告会を、青森市のラ・プラス青い森で開いた。対象者6人のうち5人が登壇し、現役隊員や市町村の担当者ら約50人を前に、活動内容や現状を伝えた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)