青森県議会は8日、一般質問を行った。県側は、2017年産県産米の輸出量が17年10月から18年2月までで398トンとなり、16年産の同時期の1.5倍に増加していると説明した。最大輸出先の香港で近年、日本食レストランが増えており、県産米「まっしぐら」が一定レベルの食味と手ごろな値段を強みに業務用の需要を伸ばしている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)