奥入瀬ビジョン案などについて意見を交わした奥入瀬渓流利活用検討委員会

 奥入瀬渓流沿いの国道102号の将来的な通年交通規制を見据え、国土交通省東北地方整備局や青森県、十和田市などが連携して策定作業を進めていた基本方針「奥入瀬ビジョン」案が8日、まとまった。基本となる考え方は、奥入瀬、十和田湖地域の目指すべき姿を「人と自然が共存・共生し、すべての旅行者が快適に観光を満喫してもらえる世界に誇れる地域」としている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)