県議会は7日、一般質問を行った。弘前市立病院と国立病院機構弘前病院との統合による中核病院整備を巡り、青森県弘前市が主体となって整備運営する方針を示していることについて、県側は「県の地域医療構想では、津軽地域における医療課題を踏まえた、あくまでも圏域の中核病院としての役割を担うものと位置付けている」とし「圏域の中核病院としての機能がしっかり確保されることを前提に議論を進めていただきたい」とくぎを刺した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)