パソコンを使って教材の作り方などを学んだ五所一高の研修会

 青森県五所川原市の五所川原第一高校(葛西由起子校長)は6日、日本マイクロソフト社から講師を招き、情報通信技術(ICT)を活用して教材などを作成する研修会を開いた。参加した教員はパソコン上で課題を配布、解答をチェックするなど、効果的な利用方法を学んでいた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)