北日本は4日にかけて日本海側を中心に雪を伴う非常に強い風が吹くとして、気象庁は3日、暴風や高波、猛吹雪や吹きだまりによる交通障害に警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、低気圧が急発達しながら北上し、4日にかけてオホーツク海で停滞する。一方、大陸に中心を持つ高気圧が西日本に張り出し、西高東低の冬型の気圧配置が続く見込み。

 青森地方気象台によると、県内は5日にかけて断続的に雪が降り、4日朝までに多い所で30センチの降雪が予想される。3日から4日にかけて西寄りの風が雪を伴って強く吹き、津軽の外海では5日にかけて大しけとなる見込み。

 4日午前6時までの24時間予想降雪量は津軽・三八上北の山沿いで30センチ、下北の山沿いで25センチ、津軽の平地で15センチ、下北・三八上北の平地で10センチ。同気象台は大雪による交通障害や電線や樹木への着雪、なだれなどへの注意を呼び掛けている。

 4日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は下北・三八上北で15メートル(30メートル)、津軽で13メートル(25メートル)、波の高さは津軽の外海で6メートル、下北の外海で4メートル。5日も津軽の外海では大しけとなる見込み。