海自大湊水中処分隊の上田隊長(前列左から2人目)にあいさつする米海軍の先遣隊員

 米軍三沢基地所属のF16戦闘機が燃料タンク2個を青森県東北町の小川原湖に投棄した事故で、タンクや燃料油の回収に当たった海上自衛隊大湊地方隊(むつ市)は7日、三村申吾知事からの撤収要請を受け災害派遣活動を終えた。また、米海軍の先遣隊が小川原湖を訪れ現地を視察した。9日からダイバーが回収作業を始める予定。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)