むつ市港町の原子力機構施設敷地内に設置されている放射性希ガス観測装置=7日午後
放射性希ガス観測装置の外観。アンテナ状の設備(左上)から大気中のちりや希ガスを集める

 日本原子力研究開発機構は7日、青森県むつ市の同機構青森研究開発センター大湊施設で、核実験の際に大気中に放出される放射性物質を観測する装置を報道陣に公開した。観測は今月5日に始まり、1年間行われる。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)