米軍三沢基地所属のF16戦闘機が燃料タンク2個を青森県東北町の小川原湖に投棄した事故で、県は7日午前11時半、タンクや湖に漏れ出した燃料油の回収など応急処置のため災害派遣を要請していた海上自衛隊大湊地方総監部(むつ市)に「所期の目的を達成した」として撤収を申し入れた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)